Archive for 2月, 2008

トークショーに出てきました

木曜日, 2月 21st, 2008

ダイエー&サンスター共同企画のお口は健康の源というタイトルのトークショーに出てきました。講演やシンポジストという形は慣れているのですが、トークショーというのは、初めてだったので、ちょっとどうなることか心配でしたが、食育のこと、悪習癖のこと、歯周病と全身の関係、エネルギーの入り口としての役目、食べる楽しみ、コミュニケーションツールとしての口の重要性、笑顔の効用、フロスフッ素の必要性、定期健診の重要性など、あの短い間で、よくこんなに多くのテーマの話題ができたな。と思うほど、お話できました。ダイエーの林さん、女優の香坂さん、アナウンサーの山崎さんと息があったというか、あわせて下さったおかげだと思います。貴重な経験でした。会場のみなさんのお口の健康に少しでもお役にたてたとしたら幸いです。これからもいろいろな形でお口の健康、予防の大切さを発信できたらいいな。って思いました。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

お口は健康の源

火曜日, 2月 19th, 2008

明日、お口は健康の源というテーマで、トークショーに出ます。ダイエー副会長の林文子さんと女優の香坂みゆきさんといっしょです。楽しみです。今日のテレビでも取り上げられていたみたいですが、歯周病が全身へいろいろな悪影響を及ぼしていることが、最近の研究で明らかになってきていますし、お口はなんといても、エネルギーの供給口です。また、笑顔にも欠かせません。笑顔の効用も最近明らかになってきて、楽しい映画や寄席の後では、ナチュラルキラー細胞や免疫物質が増えたり、血糖値が下がったり、いろいろな体にいいことがおこることがわかってきています。健康なお口と素敵な笑顔で、楽しい毎日を。そんなお話、プラス、健康な顎と正しい歯並びの子どもに育つために、気をつけて欲しいこと、などをお話したいと思っています。うまくいきますように。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

腰痛

日曜日, 2月 17th, 2008

今日はあまりうれしい話ではありませんが、1年と1ヶ月ぶりに腰痛に見舞われました。ここ1年ほど調子がよいからと油断してました。整形外科学領域の疾患は冬の時期には、要注意ですね。顎関節症の患者さんには、いつもお伝えしているのに、自分が油断してしまいました。どこか調子の悪いところがあると、元気が出ないものですね。ご病人の気持ちがよくわかります。早く元気にならなくちゃ。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

池田市禁煙推進ネットワーク

土曜日, 2月 16th, 2008

以前から、特に、子どもたちをタバコの害から守る活動を続けてきましたが、今年度、池田市禁煙推進ネットワークを発足させることができました。池田市医師会、歯科医師会、薬剤師会、市健康増進課、教育委員会、池田保健所が合同で、活動しようという取り組みです。学校の敷地内禁煙から始めます。愛煙家の人達が悪いのではないのです。タバコが悪い。子ども達が簡単にタバコを吸い始められる環境が悪いのです。みんなでがんばって、タバコの害のない、健康な社会を作っていきましょう。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

寝たきり老人のための訪問歯科

木曜日, 2月 14th, 2008

さっきまで、歯科医師会の寝たきり老人のための訪問歯科事業について、話し合っていました。まだまだ、一般の方は、お口の健康が全身の健康にどれだけ大切かがわかっていただけてないね。という話になりました。誤嚥性肺炎というのは、お口の中の菌があやまって肺に入ってしまうと起こる肺炎です。寝たきり老人や大きな手術の後の人におこりやすく、最近では、手術の成功率を落とす原因を除くために、大きな病院では、手術の前の口腔ケアが行われるようになりました。ご自宅や老人ホームの寝たきりのお年寄りにも同じような口腔ケアをする。というのが、この事業です。もっともっと、みなさんに知ってもらって、利用してもらえたらいいのにな。と思っています。他にも糖尿病や心疾患や早産などに、歯周病が関与することがわかってきています。お口の健康は全身の健康の源です。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

フィットネス

水曜日, 2月 13th, 2008

今日も軽く、体育会系のお話。今、イノウエ矯正歯科のスタッフは、フィットネスで盛り上がっています。減量目的の人、腰痛予防の人、私はそれらに加えて、テニス&スキーのための筋力の衰え予防です。2年ほど前、寝返りを打つことも、笑うことも、くしゃみをすることもできないほど辛い筋膜炎を起こしました。それ以来、たまに腹筋背筋、ジョギングをしています。しばらくティップネスにもお金を払いましたが(行ったのはわずか。。。時間がなかなか作れませんでした。。)スタッフは、近々、短距離のマラソンに参加するみたいです。私もそのうち、10kmぐらいから、出てみようかなと思っています。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

ハチ・ハチ北へスキー

火曜日, 2月 12th, 2008

お休みでブログが途切れましたが、珍しく早い立ち直り!連休真ん中の日曜日、ハチ・ハチ北高原スキー場へ行ってきました。初めてだったのですが、前夜の雪で、近場にしてはコンディションもよく、想像以上にゲレンデもいろいろとあって、楽しんできました。弟夫婦と4人で行ったのですが、何かとうるさい弟から、カービングスキーの特性を生かした滑り方というのを、いろいろと聞かされて、がんばってきました。ちょっと変わったかな?帰る途中、きれいな虹を見ました。180度全部が見える大きな虹でした。何かいいことありそうな!もっとすべりに行きたいけど、来週水曜日は、ダイエー副会長の林文子さんと女優の香坂みゆきさんと、”お口は健康の源”というタイトルのトークショーに出るし、2月末には香港大学で講義もしないといけないので、今シーズンは無理無理。今日からまた、仕事モードに切り替えて、がんばるぞぉ。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

またプロフェッショナルの続き

土曜日, 2月 9th, 2008

ブログ連続記録更新しています。こだわりのプロのお話の続きのような、一番奥の7番目の歯につけるブラケット(小さな金属の装置)のお話。診療が終わって帰る準備をしていると、Mちゃんのお母さんから「今日つけてもらったばかりなのに、何にもしないうちに一番奥の装置が取れた。こんなに簡単に取れるようでは困るではないか!」とちょっとお怒りのお電話が入りました。聞くとワイヤーがほっぺたにあたって痛いらしいので、すぐに来ていただくことにしました。一番奥にある7番目の歯は、一番装置がつけにくい部分、トラブルも起こりやすくて、ほっぺたが痛くなったりしやすい場所で、患者さんからのクレームも出易い部分。だから、矯正専門医でも、7番めの歯のにはブラケットをつけず、コントロールをしない人もいます。その方が何倍も楽だからです。でも、こだわりのあるプロは、よほどの理由が無い限り、ブラケットをつけてコントロールしようとします。7番目の歯の位置がずれたままだと、虫歯、歯周病、顎関節症などいろいろな問題を起こしてきやすいからです。こんなお話をさせていただくと、お母さんも納得してくださった様子。そうですよね。そういう事情がわからないと、文句も言いたくなりますよね。せっかくプロとしてこだわりの矯正治療に取り組んでいるんだから、もっともっと理解しあって、もっともっと協力し合って、レベルの高い治療を目指していこう。と気付かされた今日の出来事でした。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

プロフェッショナルの続き

木曜日, 2月 7th, 2008

今日は休診日だったので、危うく、”毎日ブログ”が途切れるところでした。昨日診療しながらと患者さんとプロフェッショナルの話をしていました。その患者さんが、”もうきれいに歯が並んできたから、そろそろはずれますか?”ってお聞きになったので、”プロフェッショナルな矯正医はねぇ。。”ってお話になりました。プロの矯正歯科医はどうするのか?素人の人が、じゅうぶんきれいと思った段階から、プロの勝負が始まります。まず、早めにパノラマというレントゲンを撮って、すべての歯の根っこが平行に並んでいるかどうかをチェックします。歯周病の抵抗性を上げるために、平行に並んでいることが要求されます。次に、歯型を撮って、歯の外形ラインが揃っているか、中央に走っているラインが揃っているか、外側から見て、山と谷がしっかり咬みあっているだけでなく、裏側(舌の側)から見ても、しっかり咬みあっているか。をチェックします。顎を前へ移動したとき、前歯だけで誘導できているか、横に動かしたときは、糸切り歯で誘導できているか。それらの条件をすべて満たせるよう、微調整を行っていきます。矯正治療の100点満点は、とても難しいのです。他にも、チェック項目はいっぱいあるのですが、100点に限りなく近づけることで、装置をはずした後の安定がずいぶん違ってきます。矯正装置をつければ、歯が勝手に並ぶと思っている人が多いかもしれませんが、そんなものじゃないんです。長年のトレーニングとこだわりで、仕上げはずいぶん変わります。上下の前歯の関係をきちんとするためには、舌のコントロールも重要になってきます。だから、患者さんいは口腔周囲筋機能療法(MFT)もがんばっていただきます。ホント、矯正治療って、患者さんと私やスタッフたち医療側の心が一つになって初めて、100点満点に近いゴールが得られる医療だと思います。100点をゲットすることは本当に難しいことなのだけど、みんなでいっしょにがんばるどぉ!

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

プロフェッショナル

水曜日, 2月 6th, 2008

3日坊主だとしたら、ブログ連続は今日で終わりかもしれませんが。。昨晩、NHKのプロフェッショナルを見ました。3つ星シェフの自分の仕事への真摯な姿に感動しました。ふと、昨日の初診相談を思い出していました。ちゃんと返事のできる気持ちのいい2年生の男の子でした。出っ歯で強い下口唇癖があって、虫歯の乳歯がいっぱいあって、でも、虫歯が一本もない、歯並びのいいりっぱな青年に育つよう、いっしょにがんばろうね。って約束したことを。カリエスリスクを下げて、口腔周囲筋機能療法(MFT)をがんばって、取り外しのできる矯正装置をしっかり使ってもらおう。私たちはこの子が楽しく続けられるよう、雰囲気作りもがんばらなくちゃ。みんなでがんばって、素晴らしいゴールにたどり着く。それがホントの矯正治療。偉そうに言う私も、医局の2,3年目で一人前と思っていた時期がありました。アルバイトでも、ちゃんと治療しているつもりでいました。でも、そんなんじゃない。プロの矯正治療は、患者さんと協力しながら、原因となっている習癖を取り除き、虫歯や歯周病のコントロールをし、80歳、90歳まで大丈夫な口腔を作り上げていく、それが、プロの矯正だって。くしくも、その子のお母さんもお姉さんも、矯正治療を途中で断念したとのこと。それは本物の矯正じゃない。矯正ってそんなもの。って思わないで、最後の素晴らしいゴールまで、いっしょに楽しくがんばろう。その実現のために、私とスタッフ達は、3つ星シェフと同じように、プロとして最大の努力を重ねていくことを惜しまない。ちょっとかっこつけすぎ!?!?だって、テレビがそんな風だったんだもの!!

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加