Archive for 3月, 2008

タバコの正しい知識

火曜日, 3月 25th, 2008

 タバコには、4000種類以上の化学物質、60種類の発がん性物質が入っていることをご存知ですか?殺鼠剤のシアン化水素、殺虫剤のフェノール、ごみ焼却炉のダイオキシン、車の排気ガスの一酸化炭素、電池やイタイイタイ病のカドミウムなどなど、ダイオキシンの濃度は普通の煙の10倍以上の濃度だそうです。
 なんとなく知っていても吸ってしまうのが、ニコチンの作用なのです。アメリカでは、喫煙は麻薬などと同じ依存性疾患に分類されています。
 吸っている人が悪いのではなく、”タバコ”と中国や韓国よりも対応が遅れている”政府”が悪いのです。対応を待っていると、被害者が続出してしまうので、みんなで力を合わせて、タバコの害から、自分達の健康を守っていきましょう。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

日本の体質

水曜日, 3月 19th, 2008

今日は、またまたぐっと重たいお話。以前から、禁煙の活動をしているが、いつも出てくるのが、アメリカ、カナダ、オーストラリアはずっと以前から、最近では、フランス、イタリア、中国や韓国まで、どんどん禁煙が進められている。にもかかわらず、日本は遅れ、タバコの輸入量は世界1位である。政府の対応が遅く、自分達で草の根の活動で、がんばるしかない。というフレーズ。ふと、医療現場の乱れを何ら規制できずに、患者の皆さんが危険にさらされている現状と同じだと気がついた。インターネット無法地帯、いい加減なランキング本に、振り回されている患者さんが心配でならない。薬害エイズにしろ肝炎被害にしろ、多くの患者さんの被害が出て、患者の会が動かないと、政府が対応しないというこの体質は、どうにかならないのだろうか。日本人は、やさしくて、まじめで、誠実で、ひとりひとりは本当に素敵だといつも思うのに、公の利益を目的とした組織だった動きが苦手だと思う。島国のせいなのか、鎖国のせいなのか、グローバルスタンダードからかけ離れすぎている。早くこの体質を変えないと、かわいそうな国になってしまいそうで心配だ。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

055555番目の訪問者

火曜日, 3月 18th, 2008

いつもブログは書いているものの、久しぶりにイノウエ矯正歯科HPにアクセスしてみたら、なんと”055555”の訪問者ですって!ラスベガスなら、”一攫千金”?でも、初めに0があるからやっぱり”はずれ”?どちらでもないけど、なんとなくラッキーな気分!初めの0が5になるのは、かなり先?生きてるかな?ちょっと無理っぽい!

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

うれしいお話

月曜日, 3月 17th, 2008

今日のミニ診断は、中学2年生のAちゃん。小さいときに矯正治療を始めて、出っ歯がとてもよく治ったので、これから仕上げに入りましょう。というお話をお母さんといっしょにしました。そのときにお母さんが、「この子は、イノウエ矯正歯科に来るようになって、井上先生の姿を見て、バレエをやめて勉強をする。って言い出したんです。先生を目標にがんばってるんです。」って言ってくださったんです。なんだか気恥ずかしいお話ですが、私の姿を見て、がんばろうと思ってくださっているなんて感激で、思わず「涙が出るほどうれしいわ。ブログに書くわ。」ってお返事してしまったので今、書いています。うちの衛生士の住友は、昔、患者としてイノウエ矯正歯科に通院していたときに、当院で働いていた衛生士の姿を見て、衛生士になったそうです。うれしいお話ですよね。Aちゃん!私なんかじゃなくて、もっともっと上を目指してがんばってくださいね。応援してるからね。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

2・6・2

月曜日, 3月 17th, 2008

2・6・2ってご存知ですか?」私は10年ほど前に、ある看護師さんから聞きました。どの業界にも、自分の仕事を通して患者さんやお客さんの幸せに貢献したいという姿勢で取り組んでいるすばらいいタイプ2割。それほどの意識もないが、生活費のために、こつこつとお仕事をこなしているタイプが大半の6割。最後が、悪徳○○○。といわれるような、偽装をしたり、詐欺をしたり。。という最悪のタイプ。そういう目でみると、どの業界も、なるほど。。と思ってしまいます。弁護士さんだって、真実を追究する最中に殺されてしまったような惜しまれる方もおられれば、弱者をだまして高額な弁護料をとっている人もいるでしょう。レストランでも、本当に良い食材を使って、手間隙を惜しまず調理しているお店もあれば、吉兆のように偽装したり、うまく情報社会を利用して、ランキングなどで人気を獲得しているお店もあるのでしょう。前にも書きましたが、”あなたが評判の良い歯医者とお聞きしましたので”などと電話をかけてきて、実は、広告料を請求される商売だった。というのが、いっぱいあるのを開業して知りました。(それまでは、評判の良いレストラン。というのを信じていた私でしたが、それ以来、信用しなくなりました。)”選ばれたなんとか”とか、”ネットでトップに出てくる”というのは、裏でお金が動いている可能性があります。でも、公職の選挙ではなく、ビジネスなので批判することはできないのでしょう。だから、私たち消費者、患者は、そういうものである。ということをしっかり認識する必要があるのです。お金儲けのために操作された情報を鵜呑みにしない賢い消費者さん、患者さんでありたいとと思います。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

北手島小学校の校長先生からのメッセージ

日曜日, 3月 16th, 2008

学校歯科医を担当している池田市立北豊島小学校から、学校新聞が届きました。校長先生から卒業生へのメッセージに、ふと目が留まりました。西鉄ライオンズの故稲尾投手の言葉を紹介されていたのです。”調子が良いときは、誰でも押さえることができる。調子の悪いときに、押さえ込んでこそエースだ。”波に乗っている時は、誰でも気分良くがんばることができるが、調子の悪い時がんばることは、なかなか難しい、ピンチの時こそ、自分の人間としての力が試される。と書いておられました。その通りだなぁ。。。って、心打たれました。逆境にこそ、強くならないと!!!北手島小学校の卒業生のみんなといっしょに、私もがんばるぞ!

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

ネット社会の誇大広告

金曜日, 3月 14th, 2008

あるお店で、店内の額に書いてある言葉にふと目が止まりました。「誇大広告をしない。お客様を泣かせない。」この基本の基本を逸脱した歯科医院のHPがいっぱいあるみたいです。患者さんの大切な健康をあずかる医療界に、ビジネスが入り込んできて、今、インターネットの世界には、怪しい情報が氾濫しています。患者さんたちには、正しい情報だけをつかみ取る能力、詐欺まがいの情報を排除する能力が問われる時がやってきているように思います。がんばって下さい。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

最近の矯正装置

金曜日, 3月 14th, 2008

最近、見えない矯正装置というのが、インターネットをにぎわしていますが、私はどちらかとういうとあまり賛成していません。矯正治療を美容院でヘアスタイルを変える延長線上ではなくて、胃がんの治療の手前と私は思って欲しいのです。大切な歯、今後何十年と毎日お世話になる歯の矯正なのですから。。胃がんの手術をする時、目立たないように切ってください。ってお願いするでしょうか?もちろん、できるだけの配慮は必要でしょうが、やはり治療成績が優先されると思うのです。矯正治療で100点満点をとるのは難しく、外側からワイヤーで治療しても全症例100点というのは、専門医でも難しいです。特に、舌や口唇の癖のある人、顎関節症を伴っている人の治療は、外からワイヤーを使っても苦戦をしいられます。裏側からだとどうでしょうか?歯の外側と裏側にシールを貼ってください。って言われたら、どちらが貼りやすいでしょうか?外ですよね。裏側からもできますが、きっと同じ治療を同じ先生がされた場合、外側の方が治療成績がいいはずですよね。さらに、インビザラインといって、透明なマウスピースを交換する方法などは、もっと治療成績が不確実になってきます。簡単な症例であれば問題はありませんが、何十万というお金を払って、これ以上は無理です。これ以上は治りません。とならないようにしたいものです。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

他院で一度治療した後の、再治療が増えてきたように思います

木曜日, 3月 13th, 2008

以前、東京の先生からよくこんな話を聞いていましたが、最近、イノウエ矯正歯科でも、”一度近くの医院で矯正したけれど、状態が良くないので、再治療を考えているのですが。。。”という相談が増えてきたように思います。日本でもだんだん矯正治療への関心も高まってきましたが、それだけに、簡単に始めてしまって、その結果が思わしくない。という例も増えてきています。お金も戻ってこないし、すでに歯を抜いた後で、もうこれ以上歯が抜けなくて治療が難しかったり、学童期の良いタイミングを逸してしまったり、、、残念なお話もあります。いつも言うように、矯正治療は奥が深く、簡単に治る症例もあれば、私たち矯正専門医でも難しい症例もあります。その見極めがきちんとできること。ただ歯を並べるだけじゃなくて、機能面もきちんとコントロールして、外したあとの安定まで考えて治療すること。というあたりがしっかりしていないと、治療に費やした労力も費用も無駄になってしまいます。アメリカでは矯正の歴史は長いので、転医してこられた患者さんは、みんな矯正治療に対して、高い知識を持っておられます。(いつかエピソードをご紹介しますね。)日本の患者さんも早くアメリカのように賢い患者さんになってもらいたいと思います。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

夕刊に載ってます

火曜日, 3月 11th, 2008

3月11日朝日新聞夕刊に、先日のダイエー&サンスターのトークショーのことが掲載されていました。私の写真もおしゃべりもありました。お口の健康に関する大切なポイントをお話していますので、チェックしていただけるとうれしいです。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加