日本臨床矯正歯科医会学術大会に参加してきました

2月 21st, 2020

矯正専門で開業する臨床医の集まりである日本臨床矯正歯科医会の埼玉大会に参加してきました。

コロナウィルスのために、海外からのスピーカーを欠く大会となりましたが、いろいろと学べました。

印象に残った講演は、昭和大学歯学部矯正学講座教授のお話sign03.gif

インビザラインを代表とするアライナー矯正を受けている患者さんが、治らないと言って大学病院を訪れる患者さんの症例を見せていただきました。

前からお話していますように、すべてを否定するつもりはありませんが、アライナー矯正には、未知の部分が多く、うまくいくケースもあるかもしれないけれども、うまく治らないリスクも多いだろうということを感じていましたが、その通りでした。

「講習会などでうまく行く症例ばかりを見せてもらった先生方が、矯正治療の難しさをわからないままに始めてしまって、どうしようもなくなってしまっている例が多く見られる」とのことでし、問題を生じてしまったご自身の症例も見せてくださって、「歯ぎしりや噛み締めのある人は、顎関節に問題を生じやすいと考えられる」とおっしゃっていました。

「矯正治療の難しさをもっと発信しなければならない」とも言っておられました。

患者さんも先生も泣くことになってしまい、業者だけが販売数を増やして喜ぶという事態を避けなければんなりません。

患者さんご自身も、賢く判断していただきたいと思います。

矯正治療は、ルックスをよくするだけの、見た目の並びをよくするだけのものではありません。

美しいだけでなく、機能的にしっかりかめて、100歳人生と言われているこの時代、100歳まで生き抜ける全身の健康をささえ続けられる正しい噛み合わせと歯並びにするのが、本物の矯正治療です。

改めて、”装置が見えないことよりも、少しでも成績良く終了できること”を、矯正歯科医と共に目指していただきたいと思いましたhappy01.gif

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

Angle Society (Midwest)の学会に参加してきました

2月 20th, 2020

毎年2月初旬、診療所を留守にしてすみません。

Angle society(Midwest部会)の年に一度の学会に、今年も参加してきました。

会員になるためにも、症例試験と研究発表に合格しなければならず、たいへんだったことは以前にもご報告させていただきましたが、会員になった後も、学会で発表したり、論文を投稿したりすればポイントが増える、何もしなければポイントが減り、欠席すればさらに減るなど厳しい規則があります。たいへんな学会なのですが、国際的に有名な先生方も在籍されており、とても勉強になる会なので、メンバーであることを有難いと思っています。

メンバーはシカゴを中心としたエリアの先生方が中心ですが、世界各国からも集まっています。私の隣のメガネの女性は、私と一緒に試験を受け始め、一緒に入会を認められた、ただのお友達と思っていたら、なんと5年に一度開催される矯正歯科の国際学会、次の2025年にブラジルで開催される学会の大会長さんであることを知りびっくり!

毎年2月上旬は留守をしてご迷惑をおかけしますが、どうかご理解のほどよろしくお願い致します。

(Whale watchingの船上にて)

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

乳幼児からご高齢の方まで

8月 22nd, 2019

矯正歯科って、若者のものと思われている方も多いかと思います。

でも、イノウエ矯正歯科には、70代の方もおられますhappy01.gif

 

ただ、小さい方は通常小学1年生以上という感じだったのですが、

当院で治療を終えた患者さんが結婚されて、赤ちゃんを出産され、

「何歳になったら診てもらえますか?もう連れてきてもいいですか?」

というご要望が増えてきましたので、

もっと幼いお子さんも診させてただける体制を整えることになりましたnote.gif

 

2019年度から小児の口腔機能不全症に対し、

保険も適応されることになったため、

私が最も大切と考えている不正咬合の予防という観点から、

いろいろと指導させていただきたいと思っていますshine.gif

「3歳の頃から装置を入れてきたのですが、治らなくて、、、」

と転医をされてくる気の毒なお子さんを少しでも減らすことに

貢献できればいいなと思っています。

 

明日から、改装が始まります!(もう、大変!coldsweats02.gif

バギーを置いていただけるスペースも作ります。

オムツ交換のベッドも用意する予定です。

 

もちろん、虫歯の予防もしっかりしていきましょう。

小児歯科専門医院で頑張ってきたお嫁ちゃん先生も手伝ってくれているので、

とっても安心です。

 

乳幼児からご高齢の方まで、皆さんのお口の健康を守れる矯正歯科医院として、

これからも頑張っていきたいと思っていますsign03.gif

応援よろしくお願いいたしますheart04.gif

 

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

インビザラインあるいはマウスピース型矯正装置について

5月 27th, 2019

昨日、インビザラインというマウスピース型矯正装置による治療を多く手がけておられる矯正専門開業の先生の講演会に出席してきましたhappy01.gif

マウスピース型矯正装置が出初めて20年ぐらいが経過しているのですが、最近日本でも爆発的に増えてきているそうです。

それも、ビジネス的観点から、ワイヤーによる矯正治療ができない一般歯科の先生方の間で広まっているそうです。

私も早くから海外の学会などで発表されているのを聞いていましたが、治療中に様々な局面で、対応に苦慮するのではないか、安定した結果を出せないのではないか、リスクをはらんでいるのではないか、ということが想像できるため、慎重に様子を見ているところでした。

昨日のお話では、私が危惧していた点はやはりすべて的中しており、それらに対応しながら治療を進められているということでした。

ということは、矯正治療の難しさをご存知ない先生がマウスピース矯正を手がけられると、問題が生じてしまう確率が非常に高いということになりますweep.gif。患者さんには気をつけていただきたいと思います。

ブラジルの友達によると、ブラジルでは患者さんを守るために、「矯正専門医しか、インビザラインのようなマウスピース型による治療を行なってはいけない」という規則を作ったそうです。

イノウエ矯正歯科は、「より安全でより安心な矯正治療を!見えないことよりも、ゴールの高さを大切にしよう!」というスタンスなので、マウスピース矯正はまだ行なっていません。

しかし、時代のニーズに応えられるよう、安易な矯正治療が氾濫して、先生も患者さんも泣いているという状況を防ぐためにも、そろそろ考え方を変えて行かなければならないかも?と思い始めていますsign02.gif

 

 

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

スタッフ歓迎会

4月 8th, 2019

新年度が始まりました。

4月6日の土曜日に、新しく加わってくれた歯科衛生士さん2人と、パートで来てくださっている方3人の歓迎会をさせていただきましたhappy01.gif

石橋の禁煙のお店での歓迎会でしたが、とても楽しくて、私は感動することしきりでしたlovely.gif

というのも、受付のNさんとHさんは、お二人とも、ご本人とお二人の息子さんが当院の患者さん!

助手のTさんは、ご本人が患者さん!

歯科衛生士グループでは、Sさんは本人と二人の息子さん、Oさんは本人、Hさんはお嬢さん、Yさんは本人が現在治療中!、Iさんは他院の患者さんだったけれど、当院の実習生!

さらに、阪大矯正科で5年間勉強し、今年から当院を手伝ってくれることになった娘も当院で治療を受けましたし、旦那ちゃんも私も2回目の矯正治療を、イノウエ矯正歯科で受けました!

新入衛生士さんのKさんはお子さんが患者さん、Hさんはちょっと出っ歯さんなので、当院の患者さんとなるのもそう遠くはないでしょう。

イノウエ矯正歯科も来年の4月4日に、開業30周年を迎えます。

この30年の間に、深い絆で結ばれ、大きな輪が広がってきたことに感動した歓迎会でしたheart04.gif

 

 

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

3月3日海遊館ホールで

2月 25th, 2019

もっと早くお伝えすればよかったのですが、、、

次の3月3日の日曜日、海遊館ホールで講演させていただきます。

タイトルは、

今 知っておきたい歯並びとかみ合わせ

〜子どもたちの輝く笑顔と、100歳を生き抜く健康のために〜

大阪府歯科衛生士会の主催です。衛生士会の方々がタイトルを考えてくださいました。

予防できる不正咬合があるということと子どもの矯正治療ってどんなもの?ということをお話させていただきます。

子育て中のお母さん方!お時間がありましたら、ぜひお出かけください。

 

府民公開講座2018

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

銀行員の方が気付かせてくださったこと

12月 16th, 2018

先日、銀行員の方をコンサルテーションのお部屋にお通しした時のことです。

そこには午後の診断準備がされていて、パソコンの画面に頭部の正面と側面のレントゲン写真などが映されていました。

それを見た銀行員の方が、「矯正治療って、頭のレントゲンも見るのですねぇ。。。」って驚かれた様子sign02.gif

「そーなんだ。私達は毎日見ていて当たり前すぎるものも、一般の方には驚きなんだな。」って、気づきました。

「矯正治療は、歯だけ診ているのではありません。顔の特徴、顎の形、大きさ、位置、上下のバランスすべてから、治療方針を決定していくんですよ。」

とお話すると、

「へぇーーー!』

とまたまた驚きのご様子!

最近、安易な矯正治療が流行っていると聞きます。

「歯が並ぶスペースがないから、拡げましょう。受け口だから、この装置を入れてみましょう。」

という歯だけを見て開始する安易な矯正治療はたいへん危険なのです。

様々な要素を把握し検討したうえで拡大するのと、ただ、拡大することしか考えていないのでは、同じ拡大でも大きな違いがあります。

安易に拡大することによって、状態を悪化させてしまうタイプもあるのですshock.gif

受け口にもいろいろなタイプがあります。隣のお子さんが簡単な装置で受け口が治ったからといって、ご自分のお子さんも治るという単純なものではありません。

子どもの矯正治療は、今後の成長発育や歯の萌出状況を、骨格や歯の特徴、問題点から予測し、それに対するベストの対応策を考えるというきちんとした診断と治療方針の決定が必要です。

そして、その子が高校を卒業する頃に、どういう状況になっているか、難しくなった場合には、どう対応するのかまでを見通して治療を開始します。

「小さい時に矯正治療をしたんですけど、、と言って、中学生、高校生になったお子さんを、お母さんが当院にお連れになることはしばしばですので、最小限のお子さんの負担で、最大の効果が得られるようにしてあげたいものですね。」とお話させていただきました。

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

”女性の歯科専門職が目指すもの”というタイトルで座長&講師!

11月 12th, 2018

遅くなりましたが、11月1日第77回日本矯正歯科学会学術大会(横浜)のスタッフ&ドクターセミナーで、座長&講師をさせていただきました。

タイトルは”女性の歯科専門職が目指すもの” happy01.gif

矯正歯科に勤務する女性矯正歯科医、歯科衛生士が、一層輝いて、皆さんの健康と笑顔に貢献できるように!というのが趣旨です。

熊谷ふじ子先生からは、「100歳まで生き抜ける子どもたちを育てる」歯科医療のお話をいただいた後、なんと、世界中のアンケート結果から、「母親が働くことは、子どもの成長になんら悪影響を与えていない。むしろプラスであった。」というアメリカの大学の研究結果をご紹介いただきましたscissors.gif

子どもを預けて働くことに、なんとなく申し訳なさを感じていたお母さん方には、なんとうれしいお話でしょうsign03.gif

衛生士の橋本律子先生は、「子どもの生活背景まで見据えてた関わり方をしていくことの大切さ」を、ご自身の体験を通して、心の奥底まで届くようにお話しくださいましたlovely.gif

そして私は、「女性歯科医、衛生士が矯正治療に携われることの素晴らしさと、プロフェッショナルとして人々の健康を預かる責任の重さとやりがい」について、お話させていただきましたshine.gif

長ーーくお付き合いすることになる矯正治療は、忍耐強く寄り添える女性が得意sign01.gif

営利目的の巨大な矯正歯科ビジネス産業が急速に広まりつつあるこのご時世weep.gifみんなで心の通った質の高い矯正治療を展開していきましょう!としめくくらせていただきましたheart01.gif

  

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

子どもの矯正治療

10月 22nd, 2018

今、子どもの矯正治療がとても普及してきているようですhappy01.gif

うれしいことなのですが、心配な面もありますgawk.gif

いつも言っているように、子どもの矯正治療には確立された治療法が提示されていないからです。

インフルエンザなら、専用の検査キットがあって、その結果により投薬するお薬が決まっています。

どこのお医者さんでも、それほど大きな差なく治療をしてもらえます。

矯正治療はそうではないのです。

命に関わらない分野なので、矯正治療を受ける側も提供する側も安易に考えがちですが、小さい頃の矯正治療は、お子さんのお口の健康だけでなく、全身の健康、そして、精神面での健康にも大きな影響を与えます。

*開始前にきちんとした検査が行われているか?(治療法は顎の形の特徴や大きさ、歯の形、大きさ、生え方などによって、変わってきます。)

*治療のゴールはどこなのか?(これでもう大丈夫と断言できるのは、高校卒業の頃でしょう。)

*どこまで対応してもらえるのか?(将来、外科的矯正治療といって、手術を併用しなければならなくなる場合もあります。)

*成長発育の途中で起こりうるリスクをすべて想定できているか?

などなど、初診相談、その後の検査、診断時の説明で、きちんと確認してから治療を開始してもらいましょう。

「あまりわからないまま、安易に始めてしまって、、」と、中学生や高校生になって、意見を求めて相談に来られる方が増えてきているように感じますので、注意していただきたいと思っていますnote.gif

 

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加

お父さんからのうれしい言葉

5月 29th, 2018

保育園の園長さんの息子さんが、当院に来てくださっています。

先日、ある会合でご一緒したときに、

「○○君もしっかりしてきましたね。初めは、歯磨きも悪かったり、装置もちゃんと使えるかどうか心配だったけど、今では歯並びも良くなって、歯磨きもきちんとできるようになって、、、」

って、息子さんの様子をお話ししましたら、

「イノウエ矯正歯科さんでは、”子育て”もしてもらえるので、ありがたい」

と言ってくださいましたsign03.gif

なんとうれしい、ありがたい言葉でしょうheart01.gif

何気ないお返事だったのかもしれませんが、私にとっては”宝物のような一言だ”と感じましたhappy01.gif

スタッフにも早速伝えました。

これからも、がんばっていきますねup.gif

 

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加